southpop_logo

福岡発FREE MAG.「SOUTH POP」のモバイルサイト

 ARCHIVE   CATEGORY   RECOMMEND   LINK   BLOG   TWITTER   ABOUT


<< 義援金寄付のご報告 | main | あいらぶゆうおーけーVol.7 タイムテーブル >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

今月のあいらぶゆう おーけー

4月のあいらぶゆう おーけー、詳細きまりました! 

------------------------------------------------ 

「あいらぶゆう おーけー vol.7」 

2011年4月23日(土) 
@福岡 JUKE JOINT 
LIVE&DJ: folk enough/ライスボウル/oono ai 
Support DJ: SOUTH POP 
open/start 19:00  live start 20:00   
ノーチャージ要ワンオーダー、投げ銭 
JUKE JOINT: 福岡市中央区舞鶴1-9-23エステートモア舞鶴2F   

------------------------------------------------ 

folk enoughに出てもらえる事が決まって、本当に嬉しい。 
普段の演奏がカッコイイのは言わずもがなだけれど 
個人的に「folk enoughのアコースティックライブ」に特別な思い入れがあり 
いつか出てもらえたらと思っていた。 

folk enoughのライブを初めて観たのはいつだったか忘れたけれど 
初めてアコースティックライブを観た時のことは強烈に覚えている。 
記録を調べたら9年も前(笑)のMOTHのイベント。 

その日は、前回のライブでギターが壊れたとか何かで 
folk enoughだけがアコースティックセットで演奏していた。 
井上さんと大村さんがアンプに座って、お客さんも強制的に座らされる(笑)。 
仲良しのMOTHのイベントだからか、肩の力の抜けた演奏。 
彼らの部屋に遊びに来たらその延長で楽器を引き始めたような 
そんなアットホームな雰囲気。 

いつも以上に、井上さんの声や楽器の一音一音が響いて 
folk enoughの音楽って、こんな温かさもあるのかと思った。 
実は口ずさめるポップなメロディーやったんやとか、 
これまで観たライブでは気づかなかった良さをいくつも発見できた。 
このアコースティックライブで、folk enoughを好きになった。 
というわけで9年も前のライブだけれど、未だ忘れずにいる。 

folk enoughは「electronics guitar」のアコースティック版 
「acoustic guitar」というイベントをしていた事もあり、そのイベントも好きだった。 
ベースが柴田さんに変わってからアコースティックはしてなかったけれど 
最近アコースティックのライブをやった事を知り、お願いしてみることにした。 

folk enoughが決まって、ライスボウルとのツーマンだと 
ガチンコ対決みたいになってしまうので、それはあいらぶゆうおーけーじゃないので、 
女の子を入れたいと提案。で、oono aiさんにお願いした。 
oono aiさんは20代前半の若さながら、一児の母であり、 
でも生活感漂う主婦の歌ではなく、かわいいラブソングを歌う。 
可憐という言葉がぴったりな女性。 

ライスボウルとfolk enoughとoono aiさん、素敵な組み合わせと思う。 
ぜひ遊びに来てください! 


スポンサーサイト