southpop_logo

福岡発FREE MAG.「SOUTH POP」のモバイルサイト

 ARCHIVE   CATEGORY   RECOMMEND   LINK   BLOG   TWITTER   ABOUT


見汐麻衣「うそつきミシオ」& shinowa「Flowerdelic」 Wレコ発

埋火、MANNERSを経て、昨年末ソロデビュー作『うそつきミシオ』をリリースした見汐麻衣さんと、2月に最新アルバム『Flowerdelic』をリリースしたばかりの山口のバンド、shinowa
この2組によるWレコ発ツーマンを開催します!

 


meals vol.10
見汐麻衣「うそつきミシオ」&shinowa「Flowerdelic」Wレコ発

2018年3月17日(土)
開場 20:00/開演 20:30
会場  cafe and bar gigi(福岡市中央区清川1-8-10 ペンギン堂ビル3F)
料金 予約 1500円/当日 2000円(共に+1drink order)


出演
見汐麻衣
shinowa
※DJ有り

 

ご予約・お問い合わせ
southpop★um.lolipop.jp(★を@に)
件名「3/17 meals vol.10」
お名前、ご予約枚数、ご連絡先を書いてメール下さい。


 

見汐麻衣
2001年バンド埋火(うずみび)の作詞作曲歌ギター担当として音楽活動を始める。
3枚のアルバムを制作。2014年に解散。
同年ソロプロジェクトMANNERSにてミニアルバム、7epをリリース。
2012年にはアニス&ラカンカでアルバム、7epカセットをリリース。
同年より百々和宏とテープエコーズにギターで参加。
他ミュージシャンの作品、ライブへの参加も精力的に行っており、
コラム等の執筆、映画、CMへの曲提供等も行っている。
見汐麻衣名義では自主制作CDR[ひきがたり]シリーズを
4枚出しており、最新作「4」では野田薫(Pf)とのデュオで制作。
平岡精二の楽曲を歌う企画「うたう見汐麻衣」を野田薫と共に
2017年3月から隔月で高円寺円盤にて行っている。

 

見汐麻衣「1979」Midway(1979)

見汐麻衣「はなしをしよう」Let's Talk

 

 

shinowa (シノワ)

Vo&G / 山内 かおり(Kaori Yamauchi)
G&Programming / 平田 徳(Hajime Hirata)
Dr&Programing / 野有 玄佑(Gen-Yu Nou)

1996年大阪で結成。
当初よりVoかおりのGuitarpopやネオアコに影響を受けた可憐でやわらかなボーカルに、
G平田の60sテイストあふれるFUZZを中心とした、
アンバランスながらそれらが融合したサウンドは評判だった。
結成以来バンドコンセプトは一貫しており、最初期から演奏し続ける、リスペクトする
Strawberry Alarm Clock“Sit With The Guru”の最新カバーが新作に収録されている。
2001年、ギューンカセット傘下Childish Soupより、
山本精一率いる「羅針盤」によるライナーを付し、
1stアルバム『Bloom〜光の世界』を発売。
当年の『ミュージックマガジン』インディーズアルバム10傑に選ばれた。
2011年には米国サイケロック「MGMT」直々のオファーで来日ツアーのOAに抜擢された。
その後ベテランプロデューサー&MIXエンジニア
森達彦(Hammer Label)全面協力のもと音源制作を開始。
2017年6月に7″シングル“Snow,Moon,Flowers/Almost Certain”をリリース。
60sガールポップに80〜90s Creation Recordsが融合したような
サウンドは絶賛され、英国の著名レビューサイト“Vinyl Factory”には
このシングルの高評価レビューが掲載された。
また2017年9月発売の米国 BURGER RECORDS の
コンピCT『BURGER WORLD JAPAN』にも“Snow, Moon, Flowers”が収録、
shinowaの他に類を見ないサウンドは国内外で評価を得ている。

 

shinowa - Snow, Moon, Flowers

shinowa - Sit with the Guru (Strawberry Alarm Clock 1968)

【Trailer】shinowa(シノワ) - Flowerdelic(フラワーデリック)

 

 

平賀さち枝 まっしろな気持ちで会いに行くツアー福岡公演

 

平賀さち枝

“さっちゃん”こと平賀さち枝さんが6年ぶりのアルバム
まっしろな気持ちで会いに行くだけ」をリリースし、
福岡へ歌いに来てくれることになりました!

さっちゃん初の福岡ライブから4年。
今年の夏「まっしろな気持ちで会いに行くだけ」リリースのお知らせを見た時、
福岡にも会いに来てほしい!と強く思ったので、実現することになり本当に嬉しいです。

新作「まっしろな気持ちで会いに行くだけ」は、
再生ボタンを押すとたたっと駆け出すギターのストロークに弾む歌声で、
すがすがしい朝の目覚めのような幕開け。
そしてグラデーションのように少しずつ変化する日々や心の移ろいを、
繊細な色彩で描いていきます。

さっちゃんの人柄そのままの愛らしさ溢れるアルバムを聴いて、
ますますライブが楽しみになりました。
きっと喜びに満ちた夜になりそうです!


 

平賀さち枝 まっしろな気持ちで会いに行くツアー 福岡公演

日時:2017年11月23日(木・祝)
会場:Space Terra(福岡市中央区警固2-19-9 百田ビルB1F)
時間:開場 18:30/開演 19:00
料金:前売 ¥2,500/当日 ¥3,000
学割 ¥1,500(受付で学生証をご提示下さい)
(前売/当日/学割共に+1 drink order ¥500)

ご予約・お問い合わせ:
southpop.info@gmail.com

件名「11/23 平賀さち枝」、お名前・ご連絡先・枚数をメール下さい。

 


 

平賀さち枝 - 10月のひと

 

◆平賀さち枝◆

岩手県出身。ギターが弾けず、アカペラでライブ活動を開始。
数ヶ月後にギターを弾きながら歌うようになる。
2011年kitiからファーストフルアルバム「さっちゃん」発表。
2012年ファーストミニアルバム「23歳」発表。
2013年ファースト両A面シングル「ギフト/いつもふたりで」 発表。
2014年にHomecomingsとのコラボシングル「白い光 の朝に」を発表。
楽曲提供、こども向け楽曲製作、文章、声優など様々な活動を含め 、
全国津々浦々、弾き語り活動中。
2017年 FUJIROCK FESTIVAL、「平賀さち枝とホームカミングス」出演。

 

◆会場へのアクセス◆
Space Terra
*西鉄バス「警固町」より徒歩2分程度
*福岡市営地下鉄「赤坂駅」2番出口より徒歩8分程度

 

 

 

 

 

 

 

6/3(土)柴田聡子「愛の休日ツアー」当日券のお知らせ

【本日の当日券について】
18時より、会場の風街1階で販売開始します。先着5名さまで締め切らせていただきます。
立ち見となりますのでご了承下さい(直前にキャンセルが出た場合、お席をご用意します)。

あだち麗三郎の身体ワークショップ in 福岡

あだち麗三郎の身体ワークショップ
あだち麗三郎の身体ワークショップ

福岡では4回目となる、あだち麗三郎さんの身体ワークショップ。

春の野外イベント「CIRCLE'17」の翌日におこないます!

 


 

「あだち麗三郎の身体ワークショップ in 福岡」

2017年5月21日(日)
12:00〜13:30
会場:地下鉄 赤坂駅そば(予約された方にお伝えします)
料金:¥2,500
定員:10名様
ご予約・お問い合わせ:southpop.info★gmail.com(★を@に)
件名「身体ワークショップ予約」、お名前・ご連絡先・人数をメール下さい。

 

あだち麗三郎
http://www.reisaburo.info

SOUTH POP
http://southpop.lolipop.jp

 


 

身体ワークショップについて

 

2003年頃から、アレキサンダーテクニーク、ロルフィング、古武術、気功、座禅、ヴォイスヒーリングなど 古今東西の様々な怪しいボディーワークを浅く広く学んだり受けたりしてきたあだちが、『これは日常生活に使える!』 という楽で心地よい生活の動きのコツを惜しみなく教えてしまうワークショップです。
身体は個人個人で全く違いますので、『教える』というよりも、相互関係の中で自分の身体や意識の動きを『観察』してゆき、その結果楽な姿勢だったり、自分の楽なあり方を発見してゆくということがメインテーマです。
2011年頃からザ・なつやすみバンドのドラマー村野瑞希さんにドラムのレッスンをするうちに、 研究してきた身体の動きや意識の置き方なども教えるようになり、それが口コミで広まって、定期的にワークショップとして開始しました。
どんな方でも参加できます。

 


以前福岡で行ったワークショップについて、ブログに書いてます。

◆福岡でワークショップをやってもらうようになったきっかけ
http://southpopdiary.jugem.jp/?eid=81

◆ワークショップを受けてみた感想
http://southpopdiary.jugem.jp/?eid=87
 

 

あだちさんはCIRCLE'17と翌日夜、HeiTanakaのメンバーとしてライブも行います。

ライブもワークショップも、ぜひご参加ください!

 

 

【SOLD OUT】柴田聡子 ツアー2017 “愛の休日”福岡公演(5/22追記)

※5/22 追記
本公演はおかげさまで満席となりました。今後ご予約のご連絡をいただいた場合、キャンセル待ちではなく当日券のご案内をいたします。当日券の有無については6/3夕方頃、こちらのサイトとTwitterでお知らせします。

また当日券は、立ち見になるかもしれません。お問い合わせは会場の風街ではなく、

SOUTH POPのTwitterアカウント(@southpop)

または
southpop.info★um.lolipop.jp(★を@に)までお願いします。



------------------------------------------------
  柴田聡子 ツアー2017 “愛の休日”福岡公演 
------------------------------------------------

日時:2017年6月3日(土)
会場:福岡 風街珈琲店(福岡県福岡市中央区天神3-3-7応順ビル1・2F)
出演:柴田聡子 / 倉地久美夫
開場:19:30 開演:20:00
チケット代:前売 2,500円 / 当日3,000円 (+1drink order)

 

ご予約・お問い合わせ:
southpop.info★gmail.com (★を@に)
件名に「柴田聡子 予約」、本文にお名前、連絡先、枚数をご記入ください

 

企画:
アイデアルミュージック
http://www.i-deal-music.com

SOUTH POP
http://southpop.lolipop.jp

 

柴田 聡子

1986年札幌市生まれ。大学時代の恩師の一言をきっかけに、2010年より都内を中心に活動を始める。

ギターの弾き語りでライブを行う傍ら、2011年夏と冬に自身で録音した2枚のデモCD(計20曲)、2012年6月三沢洋紀プロデュース多重録音による1stアルバム「しばたさとこ島」を、2013年8月にはバンドサウンドによる12インチ・アナログレコードシングル「海へ行こうかEP」を、2014年6月には再び自身で録音した2ndアルバム「いじわる全集」を発売。

演劇の祭典、フェスティバル/トーキョー13では1時間に及ぶ独白のような作品「たのもしいむすめ」を発表するなど、歌うことを中心に活動の幅を広げつつある。

2015年は6月に2種類のライブアルバム発売を経て、9月、山本精一プロデュースによる3rdアルバム「柴田聡子」を発売。

2016年6月、初の詩集「さばーく」を発売。同年、第5回エルスール財団新人賞<現代詩部門>を受賞。雑誌『文學会』『すばる』などにも詩を寄稿するなど、詩人としても注目を集めている。

2017年、青森県立美術館の美術展「ラブラブショー2」テーマソングを提供し、インスタレーションへも参加。小島みなみと紗倉まなのユニット・おとといフライデーにシングル曲「もしやこいつはロマンチックのしっぽ」を提供。岸田繁(くるり)、山本精一のプロデュース参加を始め、錚々たるミュージシャンたちと紡いだ待望の4thアルバム「愛の休日」が5月17日にリリース決定した。

 

倉地 久美夫

1979年/甘木中学校舎火事のさい打楽器オルガン等数種を盗み,以後多重録音音楽製作を行う。
関東にて漫画・舞踏〜宅録と自身のバンドでライブなど。
近年は福岡県で弾き語りを中心に、外山明、菊地成孔、波多野敦子ら共演等国内で行う。
02年第2回詩のボクシング全国大会優勝
11年倉地を追ったドキュメンタリー映画「庭にお願い」公開
8枚のアルバムを発表最新作は
15年CD『いいえとんでもございません』
17年netDL『LiveInCafeOTO』cafeOTO予定

 

 

柴田聡子「後悔」(Official Video )

 

Kumio Kurachi / Night People #24

 


会場について

風街は1階と2階があり、ライブ会場は2階になります。
  1階で受付されてから、2階にお上がり下さい。
1階は23時まで通常営業しているので、お食事も可能です。
2階のライブ会場でも、ホットドッグやハンバーガー等の軽食と
  ドリンク(アルコール類も有)をご注文いただけます。
2階は禁煙とさせていただきます。 
  お煙草を吸われる方は、1階の喫煙席でお願いいたします。

2Fの様子(ライブ時は、イスの配置など変わります)



アクセス
・地下鉄「天神駅」から徒歩5分
・西鉄バス「天神三丁目」(西向き)すぐそば
・お車でお越しの方は最寄りのコインパーキングをご利用下さい
 


 

柴田聡子さん約1年ぶりの福岡ライブは、新しいアルバム「愛の休日」のレコ発ライブです。

最初に「愛の休日」というアルバムタイトルを知った時、フランスの恋愛映画のようなイメージが浮かんだのですが(休日=バカンスのイメージ)、ジャケットの“REST FROM LOVE”という英語を見て、愛そのものを一休み、ということなのかな? と受けとめました。セルフライナーノーツには“REST FROM LOVE”という言葉にたどり着くまでのことも書いてあり、言葉そのものは柴田さんの造語だそうですが、そこから先は人それぞれ自由に想像を膨らませられるタイトル。私自身は、この言葉になんだか解放されたような気持ちになりました。さらにまた潔よさを感じるジャケットで、とにかく、間もなく発売されるアルバム(5/17リリース)が待ち遠しいです。


今回共演にお願いしたのは、倉地久美夫さん。その世界観や音楽性は違えど、言葉と旋律の独創性、イメージの喚起力という点で双璧をなす二人。強烈な個性を放ちつつチャーミングさや笑いの要素もふんだんにあり、共感とは間逆のベクトルでじわじわとその音楽に引き込まれるところも共通していると思います。実は以前東京で共演した時に、柴田さんが倉地さんの曲をカバーした事もあるとか。この日、どんな共演マジックが生まれるのかも楽しみです。

 

というわけで、見た人それぞれの“愛の休日”が堪能できそうな夜。ぜひお越しください!